宇宙と科学と統一に関する シンポジウム

一般向け関連イベント
大西卓哉宇宙飛行士の講演会が6月2日(日)に行われました。
宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会が6月8日9日(土・日)に行われました。
映画「HAYABUSA-BACK TO THE EAETH-帰還バージョン」鑑賞会6月8日(土)に行われました。
アノマロ宇宙へ行く!~宇宙から地球を見てみよう2013~6月2・8・9・16日
フェスティバルin中部大学




第29回宇宙技術および科学の国際シンポジウム(愛知県・名古屋市)
会場 / Venue
【本会議・企業向け展示/ Session & Business Exhibition】
 名古屋国際会議場 / Nagoya Congress Center
【一般向け展示/ Public Exhibition】
 名古屋市科学館 / Nagoya City Science Museum
会期 / Schedule
2013年6月2日(日)〜9日(日) / Jun 2-9,2013

2013年6月2日(日)〜9日(日) / Jun 2-9,2013

このサイトでは2013年、愛知県名古屋市で開催された開催された29th ISTS ・第29回宇宙技術および科学の国際シンポジウムについての記録を記載しています。
【ISTS宇宙技術・科学の国際シンポジウムについて 】
ISTSは、一般社団法人日本航空宇宙学会並びに宇宙技術および科学の国際シンポジウム組織委員会が主催する宇宙技術及び科学に関する国際会議である。
 同シンポジウムは、世界の宇宙工学、宇宙科学、宇宙医学、宇宙法等広い分野の研究者、技術者、その他関係者が一堂に会し研究発表および討論を行う場を提供し、宇宙活動を一層活性化することや、学生や若手研究者、技術者の参加を支援し、宇宙技術および科学の進歩発展、宇宙開発・利用の推進に寄与するとともに次世代を担う研究者・技術者の人材育成に貢献することを目的としており、宇宙科学技術分野では国内最大規模の国際会議である。

The symposium offers an opportunity to for researchers, engineers, and others from Japan and other countries who are engaged in a broad range of studies, such as space engineering, cosmic sciences, astromedicine, and space law to present information with the aim of further revitalizing space-related activities. The symposium thereby encourages students, young researchers, and engineers to participate in fostering the next generation of space professionals. The biennial international symposium has been held since 1959.  
Religion and scientific unificationLINK: http://paramirado.com/



過去のお知らせ
2013.6.1
大西卓哉 JAXA宇宙飛行士講演会 申込締切りました。
2013.6.1
宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会 事前申込締切りました。
2013.5.24
宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会 当日受付についてを掲載
2013.5.17
第34回名大カフェ 「リモートセンシング 〜宇宙から地球の素顔を見る〜」のご案内掲載
2013.5.14 大西卓哉 JAXA宇宙飛行士講演会 詳細情報 更新されました 。
2013.5.14 宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会 詳細情報更新されました。
2013.5.8 ISTS参加者向け「宇宙一日出前授業講師が募集されました」
2013.5.1 宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会 参加者募集告知
2013.4.9 大西卓哉 宇宙飛行士講演会の参加募集告知
2013.4.9 一般向け関連イベント情報が更新されました。
2013.2.15
JAXAタウンミーティング in 名古屋市科学館
会場内でのLIVE中継の実施が決定されました。
2013.1.30 宇宙一日出前授業 参加校を募集
2013.1.17 第29回ISTS国際宇宙展示会(テクニカル) 出展企業の募集が行われました。
2013.1.17 委員会ホームページが開設されました。

イベント
■第29回ISTS 国際宇宙展示会
届けよう きぼうの宇宙へ わたしの夢 きみの願い
日 時 :2013年6月2日(日)~6月9日(日)
 ※6月3日(月)は休館日です。
会 場 :名古屋市科学館  (名古屋市中区栄二丁目17番1号)


■大西卓哉宇宙飛行士講演会
日 時 :2013年6月2日(日)
第1部 10:00~12:00(予定)
第2部 14:00~16:00(予定)
会 場 :名古屋大学 豊田講堂 
サテライト会場:中部大学春日井キャンパス
          蒲郡市生命の海科学館
第1部:大西卓哉宇宙飛行士による小・中学生向けトークショー
第2部:大西卓哉宇宙飛行士による一般向け講演会
参加費:参加無料
定 員 :
第1部 ・名古屋大学会場:事前申込制(先着順)
      定員1,200名
第2部 ・名古屋大学会場:事前申込制(先着順)
      定員1,200名
     ・サテライト会場:当日先着順
       定員100名(中部大学春日井キャンパスサテライト会場)
       定員 60名(蒲郡市生命の海科学館サテライト会場)


■宇宙技術講演会・航空宇宙フェア特別講演会
日 時 :2013年6月8日(土) 14:00~15:00
2013年6月9日(日) 13:00~14:00,15:00~16:00
会 場 :名古屋市科学館 地下2階 サイエンスホール
内 容
6月8日:中部地区発人工衛星ChubuSat-1の開発と将来の展望
      名古屋大学 太陽地球環境研究所
教授 田島 宏康 氏

6月9日:中部発宇宙へ~ロケット・宇宙ステーションの製造と運用~
三菱重工業(株)
     航空宇宙事業本部宇宙事業部宇宙システム技術部
      計画課 主任 山中 昌弘 氏
      JAXA名古屋空港飛行研究拠点と実験用航空機「飛翔」について
      宇宙航空研究開発機構 研究開発本部飛行技術研究センター
      センター長 柳原 正明 氏
参加費 :参加無料
※別途名古屋市科学館の観覧料が必要
定 員 :各300名


■企業向け
テーマ:「モノづくりあいち・なごやから宇宙へ打ち上げ!!」
会期:2013年6月3日(月)~6月5日(水)
会場: 名古屋国際会議場


■一般向け
テーマ:「届けよう きぼうの宇宙へ わたしの夢 きみの願い」
会期:2013年6月2日(日)~6月9日(日)
会場:名古屋市科学館



■1日出張授業
日 時 平成25年6月3日(月)から7日(金)
対 象 :愛知県内の小中高等学校
主 催 第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
参加費:無 料(受付終了)



■ISTSサテライト ~ISTSフェスティバル in 東三河~
  開催日:平成25年 6月2日(日),8日(土),9日(日),16日(日)
映画「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH - 帰還バージョン」鑑賞会
日 時 :2013年6月8日(土)
会 場 :豊橋市自然史博物館 大型映像ルーム
主 催 :豊橋市教育委員会
共 催:第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容
16:30~18:00 : 航空宇宙関連のお話(HAYABUSAについて)

宇宙航空開発機構
18:10~19:00 : 大型映像ルームにて映画上映
参加費 :大人 1,000円 ・子供 500円
※総合動植物園入園料、映画鑑賞料を含む
 [ほの国こどもパスポートの提示で300円割引]
定 員 :各150名


■アノマロ宇宙へ行く!~宇宙から地球を見てみよう 2013~
【講演会】
日 時
2013年6月2日(日) 14:00~16:00
2013年6月9日(日) 13:30~15:00,15:30~16:00
会 場 :蒲郡市生命の海科学館
主 催
名古屋文理大学
名古屋大学地球水循環研究センター
愛知工科大学
蒲郡市生命の海科学館
共 催
第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容
6月2日(日)14:00~16:00
大西卓哉宇宙飛行士講演会 第2部サテライト会場
 サテライト会場 特別講師登壇予定

6月9日(日)13:30~15:00
地球観測 ~宇宙から見た地球~(人工衛星、気球、航空機の役割等)
 宇宙航空研究開発機構研究開発本部 研究推進部
 参事 寺澤 勝也 氏

6月9日(日)15:30~16:00
アノマロ宇宙へ行く!~宇宙から地球を見てみよう 2013~
名古屋文理大学 情報メディア学科
助教授 佐原 理 氏
参加費 :無料
定 員 :各60名

■実験工作
日 時
2013年6月2日(日) 10:00~12:00,14:00~16:00
2013年6月8日(土) 14:00~16:00
会 場
蒲郡市生命の海科学館
主 催
名古屋文理大学
名古屋大学地球水循環研究センター
愛知工科大学
蒲郡市生命の海科学館
共 催
第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容
6月2日(日)10:00~12:00
水ロケット工作教室 1
講師:YACかかみがはら分団
6月2日(日)14:00~16:00
水ロケット工作教室 2
講師:YACかかみがはら分団

6月8日(土)14:00~16:00
探査機を作って実験!
パラシュート降下で地上映像を見てみよう
講師:愛知工科大学 電子制御・ロボット工学科 

    教授 大西 正敏 氏
参加費
水ロケット工作教室 1,2 :300円
探査機を作って実験!:200円
定 員
各30組 



■気球打上げ
日 時 :2013年6月16日(日) 11:00~,11:30~

会 場 :ラグーナビーチ(蒲郡市大塚海浜緑地)
主 催
名古屋文理大学
名古屋大学地球水循環研究センター
愛知工科大学
蒲郡市生命の海科学館
共 催
第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会

内 容
6月16日(日)
10:00~
実験工作編で作成した水ロケットやパラシュート探査機の打ち上げ
11:30~
上空30,000mから地球の姿を撮影する気象観測気球の打上げを公開
※気象状況等により中止、もしくは日程を変更する場合があります
参加費 :無料
定 員 :なし

■ISTSサテライト ~ISTSフェスティバル in 中部大学~
  開催日:平成25年 6月2日(日),8日(土),9日(日)
【講演会】
日 時
2013年6月2日(日) 13:00~14:00,14:00~16:00
2013年6月8日(土) 13:00~15:00
2013年6月9日(日) 13:00~15:00,15:00~16:00
会 場 :中部大学 春日井キャンパス リサーチセンター2階
主 催
中部大学
NPO法人大人のRIKA教室
共 催 第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容
6月2日(日)
 13:00~14:00
  デジタルアース ~サテライトを用いた災害時の連絡網の構築~
 14:00~16:00
大西卓哉宇宇宙飛行士講演会 第2部一般向け講演会
  サテライト会場
  サテライト会場 特別講師
  中部大学国際GISセンター
  センター長 福井 弘道 氏
6月8日(土)
 13:00~15:00
  高温超伝導リニアモーターカー ~磁気浮上列車を運転しよう~
  講師 自然科学研究機構 核融合科学研究所
     准教授 柳 長門 氏
6月9日(日)
 13:00~15:00
  〈連続講演〉X線の観測を使って見る星と宇宙 
  「X線で見る激動の宇宙」
  講師 名古屋大学
      副総長 國枝 秀世 氏
 15:00~16:00
  「X線望遠鏡用レンズの製作」
  講師 中部大学大学院 工学研究科
      教授 難波 義治 氏

※6月2日(日)14:00~16:00 
 大西卓哉宇宇宙飛行士講演会 第2部 一般向け講演会 のみ


■工作教室
日 時 :2013年6月2日(日) 10:00~12:00
会 場 :中部大学 春日井キャンパス
主 催
中部大学
NPO法人大人のRIKA教室
共 催 第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容 :ペットボトルロケットの工作及び打ち上げ


■展示
日 時 :2013年6月8日(土)9日(日)
会 場 :中部大学 春日井キャンパス
主 催 :
中部大学
NPO法人大人のRIKA教室
共 催 第29回ISTS開催支援愛知・名古屋実行委員会
内 容
展示
・X線望遠鏡用レンズ
・宇宙食の試食
・超伝導リニアモーターカーの模型 等


■第90回 JAXAタウンミーティング in 名古屋市科学館
日 時 平成25年2月16日(土)14:00~16:30
会 場 :名古屋市科学館サイエンスホール  (名古屋市中区栄二丁目17番1号)
内 容
1部:「はやぶさ1号/2号が拓く深宇宙探査」
2部:「日本の航空機産業の進むべき道」
【JAXAタウンミーティングとは?】
市民の皆様と直接お話をしながら日本の宇宙航空開発について
意見を交換する、これまでになかった新しい形の意見交換会です。



第29回宇宙技術および科学の国際シンポジウム
会 期
: 平成25年6月2日(日)から9日(日)までの8日間
会 場 : 名古屋国際会議場(本会議・企業向け展示)
名古屋市科学館(一般向け展示)



上記のイベントは全て終了致しました。






過去開催地
平成18年度 金沢市
平成20年度 浜松市
平成21年度 つくば市
平成23年度 沖縄県
平成25年度 名古屋市

平成27年度開催地は 神戸市に決定しました。

毎回行われるこれらの催しは、ISTSを盛り上げるためだけでなく、地域の中小企業が宇宙・航空分野という新たな産業にチャレンジする機会を提供しています。
また、地域の青少年や市民に、宇宙・航空分野にもっと興味・関心を抱いもらうための様々な事業を実施します。
そのため、地域住民が参加できるような催しになっています。